新型コロナウィルスの影響を受け、戸惑うことも多くなってきました。 こんな有事の時だからこそ、落ち着いて冷静に、「子供たちの未来」を第一に考え、「子供たちの見本となれる」教師でありたいですね。
日本授業UD学会 湘南支部一同


 

UD湘南研究会 withZOOM お知らせ

  今回のテーマは、 

通常学級における個別最適な学びとはどういうことなのか?

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※  

 今年度の定例会テーマは個別最適な学びと協働的な学びとUD

「授業の中で『個別最適な学び』の成果を『協働的な学び』に生かし、さらにその成果を『個別最適な学び』に還元するなど、『個別最適な学び』と『協働的な学び』を一体的に充実し、『主体的・対話的で深い学び』の実現に向けた授業改善につなげていくことが必要である」と答申で述べられています。

 

1弾は、「通常学級における個別最適な学びとはどういうことなのか?」について2名の先生に提案いただきます。

 

後半は星槎大学院の阿部教授も加わっていただき、「今の学校という場で、個別最適な学びを保障できるのか」というテーマのもと、「個別最適な学び」の重要性や取り組みの難しさなどについてざっくばらんに話し合えればと思っています。※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

内容

●日 時:令和4年5月29日(日) 15:00~16:30

●場 所:ZOOMによるオンライン開催

     ※お申込みいただいた方に、ZOOM入室ID等をメールにて前日までに送ります。

●参加費:無料

●時 程

15:00~15:50 提案通常学級における個別最適な学びとは?

        提案 神奈川県小田原市立足柄小学校 上條大志先生

        提案 神奈川県秦野市立本町小学校  久本 卓先生

 

休憩【10分】

     

    16:00~16:30  今の学校という場で、個別最適な学びを保障できるのか」

          司会 星槎大学大学院教育実践研究科  阿部利彦教授  

                 パネラー 神奈川県小田原市立足柄小学校 上條大志先生

                 パネラー 神奈川県秦野市立本町小学校  久本 卓先生  


新刊注目作品

これで書ける!

サクサク作文サポート[小学校編]

 

予約段階で

Amazon 売れ筋ランキング 国語1位👑 獲得

 

「作文が苦手」という子どもたちへ
「どうやって作文を教えたらいいか分からない」という教員・保護者のみなさんへ
作文の書き方・指導方法のノウハウと、すぐに使えるワークシートを1冊に凝縮しました。 


日本授業UD学会

湘南支部が目指す

教育のユニバーサルデザイン